〜ラトビア雑貨の専門店〜
バルト三国の一つラトビア共和国の伝統、人、建物、自然、音楽、そして暮らしと手仕事・・・・
その全てが大好きな店主が現地工房を巡って集めた品々をお届けします。

 2014年に結成したラトビア音楽ユニット「ウズマニーブ」はラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏するアンサンブルです。

   ライブ等の情報は にてご確認ください。

演奏の様子は をご覧ください。

 
 ラトビア人の日々の暮らしの中で生まれ、伝わってきた素朴で心に沁みる旋律を奏でています。 メンバーは日本では珍しいラトビアの伝統楽器「クアクレ」の奏者・溝口明子(SUBARU店主)、アラブ音楽を中心に様々なジャンルで活動するヴァイオリニストの秦進一、ケルト・北欧音楽をメインに演奏するパーカッションのAki、ラトビア人シンガーソングライターUnaUllaの4人(※UnaUllaは訪日時のみ活動に参加)。

 これまで駐日ラトビア共和国大使館、ラトビア政府観光局主催イベント、伊勢丹新宿店等でライブを行ってきました。

2017.年10月 1stミニアルバムをリリース →




 Kokle/クアクレとはラトビアの民族楽器のことです。元来は人が亡くなった際に木から切り出して制作し、その魂と対話するために奏でられたと言われています。左手でコードを押さえ、左右の手で弦を弾きながら演奏する弦楽器です。伴奏とメロディを同時に弾くことができ、木の響きのする美しい音色を聴かせてくれます。

 メンバーの溝口明子はこのクアクレをラトビアにおけるトップ奏者の一人であるラトヴィーテ・チルセの下で学びました。また、同時期にラトビアを代表するヴァイオリニストの一人であるパウラ・シュマネからもラトビアの伝統的な音楽を教わりました。


 SUBARU店内でクアクレのプライベートレッスンを開催しています(日時は応相談)。レッスン時のみ楽器をお貸ししています。11弦か12弦のカンテレ等類似楽器をお持ちの方は調律を変えることで対応可能です。
詳しくはメールにてお問い合わせください。



ラトビアの観光情報・文化紹介等の講演も可能です。スライドショーを利用したり、クアクレ演奏とセットでも行っています。
これまでラトビア政府観光局や様々な旅行会社様にお招きいただきました。講演等の様子を綴ったブログはコチラでご確認いただけます。

演奏や講演のご依頼はコチラから  → 


〒650-0024 神戸市中央区海岸通1-2-14 中村ビル2F
TEL : 078-331-1884   e-mail
Copyright (C) 2009 SUBARU All Rights Reserved